post
Share on FacebookTweet about this on Twitter

体現するボヘミアニズム

社会に媚びずに自由な生活を送るチェコの芸術家たちのボヘミアニズムというロマの精神を指標とし、ヴァイオリンを通じてその精神を体現した新しいボヘミアン音楽の確立を目指し日々模索しているバイオリニスト”Bohemianist MasahiRo”がオールドデイズクラブのステージに登場します。

超絶技巧で知られるニコロ・パガニーニの難曲

1989年2月2日にカナダで生まれ、4歳から才能教育研究会スズキ・メソードにてヴァイオリンを習い始める。これまでに小林ベティ、渋谷重良、鈴木亜久里の各氏に師事。
2009年に東京オペラシティにてコンサートデビュー以来リサイタル、ライブ、国際音楽祭出演、国内外のアーティストとの共演など活動の場を広げている。2017年2月には関内ホール主催のオーディションで選出されたクラシック音楽の若手新進演奏家たちによる「馬車道煌めき★コンサート」に出演し、ヴァイオリンの超絶技巧で知られるニコロ・パガニーニの難曲をヴァイオリン・ソロで魅せ、来場者からは出演アーティストの中で圧倒的な人気を博した。

カクテルと2つのレストランのシェフによるおつまみ

ゆったりとした店内で素晴らしい演奏を聴きながら、本格的なカクテルを片手に、イタリアン、フレンチ、2つのレストランのシェフ自慢のおつまみに舌鼓。
情熱的御な横浜の夜をお楽しみください。

今月のライブスケジュールはこちらからご確認いただけます。